Top > 特技 > 【炎】
HTML convert time to 0.011 sec.


特技/【炎】

Last-modified: 2018-03-19 (月) 03:52:52

特技/【火炎】
アイテム/【ほのお】


FF1 Edit

初出。その後も色々な作品で登場している炎属性攻撃。
1では使う敵によって威力が違い、ファイア程度からファイガよりも高いものまで。

  • データ上では5段階設定されているようだ。
    リメイク版ではエフェクトが違うので区別しやすくなった。

ヘルハウンドファイアリザードキメラレッドドラゴンなどが使う炎属性の特殊攻撃で、パーティ全員がダメージを被る。
白魔法バファイでダメージを軽減できるので、敵によっては使いたいところ。だが、白魔法ケアルアとレベルが同じなのが悩みどころ。


最強の炎はラスボス専用であり、基本威力96というフレアーに匹敵する破壊力。
リメイク版では画面全体を使ったド迫力のエフェクトとなった。
ただしこの時点では炎耐性はまず全員に備わっているので見た目ほどの驚異では無かったりする。

FF1(WSC版以降) Edit

GBA版のカオスが使う炎はグラフィックが派手。もはや『炎』というレベルじゃない。


GBA版カオスが使うこれは、地表がマグマに変化して、
そこから天変地異クラスの火柱が何本も打ちあがり、
その余波で起こる爆発を全員に浴びせてくるというもの。
確かに『炎』では済まされない。

  • いずれもWSC版からのもの。

FF2 Edit

レッドドラゴンキマイラ系モンスター全種、サラマンダーティアマットなどが使ってくる炎属性攻撃。
要は全体にしかかからないファイアである。
FF1同様、敵によって威力がまるで違うので注意。
また、ダメージを軽減してくれるはずのバリアがあまりアテにならない。

  • というわけで、炎対策が課題になったら相手のMP切れを狙うか耐性防具を持ち出して対処しよう。
    なお、全体がけファイアと違い威力減衰処理は起こっていないらしい。

一応こちらも飛竜を使うことで発動できる。このときは熟練度7固定。
尤も、あんまり強くないので使う機会はないかも。

FF3 Edit

炎属性全体攻撃。
サラマンダードラゴン炎の魔人等が多用する。
特にボスモンスターであるサラマンダーの炎は、ガルーダと共に恐怖とトラウマを与えた。
アイス系防具は必須也。

FF3(DS版以降) Edit

特技/【ファイアブレス】


サラマンダーバルカンが使うものは「ファイアブレス」に変更されているが、炎の魔人のものは「ほのお」のまま。

FF4 Edit

対象の最大HPの20%のダメージとなる炎属性攻撃。

  • 耐性があれば最大HPの10%に抑えられる。耐性の強度は半減でも激減でも同じ。
    吸収状態なら「使い手の残りHPの40%(推定)」を回復する。

FF4(DS版) Edit

威力が120になり、くらうと大ダメージ。
ここまで強化するのは…

  • 各種ガ系魔法が110、イフリート・シヴァ・ラムウ・タイタンが120、フレアが150
  • グラフィックはファイアみたいなショボさになっているだけに、威力とのギャップが凄まじい。

具体的に解説しよう。
耐性装備がないキャラだとだいたい1000~1500程度のダメージを食らう。
ゾットの塔の宝箱モンスターであるフレイムドッグが使ってくるのが多くのプレイヤーにとっての初見だろう。
セシルのHPが1000台なのにこのダメージを食らい、「えっ?」となった旧作プレイヤーは多いはずである。
DS版ではこのほか「吹雪」や「ブレイズ」、「」なども同じくらい強化されている。

  • 旧作プレイヤーで無くても、パーティーを半壊させるこの技は「えっ?」である。
    初見で立て直すのは不可能に近い。
  • そもそも割合ダメージだったものが普通の攻撃になってしまったせいでどえらいことに。

FF4TA Edit

炎属性の全体攻撃。威力は使用者の現在HPに依存する。
HPの高い機械竜の使用するものが特に強力で、無傷なら2000を軽く超えるダメージを与えてくる。

  • SFC版ともDS版とも違う内容なので、数機種にわたってプレイする時はその都度認識を切り替えたいところ。

FF5 Edit

最大HPの1/4(小数点以下切り捨て)の炎属性の割合ダメージを与える特殊攻撃。
これを4回「はなつ」で使えば、HPが39996以下の4の倍数である敵のうち、炎属性以外の敵は倒せる。
マジックドラゴンエクスデスを瞬殺するのが特に有名。

FF5(iOS/Android版) Edit

スマホ版全般の特徴として、GBA版までは必中だった割合ダメージの特技が魔法回避を参照するようになった。
対象がプレイヤーの場合は魔法防御がそのまま回避確率となる。シェルは回避には関係しない。


高い魔法回避を持つエクスデス(エクスデス城)マジックドラゴンはなつ4回で瞬殺するのはほぼ不可能となった。ストーカーなど魔法回避およびレベルの低いボスにはある程度有効。
シールドドラゴンは魔法回避が50あるが、操っている間は魔法回避が0になっているので問題なく倒せる。

FFUSA Edit

DFF Edit

ガーランドHP攻撃。表記は「ほのお」。
初期状態では空中でしか使えないが、レベルが上がると地上でも使える。
複数の炎を放ってダメージを与える。
空中では、たつまきを先に張ることでリスクを減らすことが出来る。


ハイガードで跳ね返されると危険。
反射した炎をくらうとダメージを受ける上ブレイブが0になるため、直後のカウンター技でブレイクされやすい。

  • ハイガードほどではないが報復式波動砲も危険。
    相手の致死量ブレイブを持ってこれ当てようとしたら跳ね返されて逆に負ける可能性も。

空中・地上でも使えるHP攻撃な為使用頻度は高い、
高低差の激しい所からやEXコアを取る為に相手がこちらから目を離したときなどに有効。


「灰になれ!」

DDFF Edit

判定が遠隔強になり軌道が変化した。

DFFAC Edit

“ほのお”表記。
ガーランドHP攻撃(C.LV5で修得)。
双剣形態で高速回転させて炎を纏う近距離技で、ブレイブダメージ付き(1ヒットにつき24で、最高240)。
また、下方向の攻撃範囲は見た目よりも伸びている。


ガーランド参戦当初は、「移動できるルーラーのような性能が注目され、
壊れ技ではないか、ようやく上方調整されたフリオニールの立場は、などと騒がれた。
しかしフタを開けてみると、他のHP攻撃に比べてパッとせず、
現在はむしろ弱技であると認識されている。

  • 技性能自体は悪くなく、壁激突からも連携可能なので使い勝手はいい方である。
    ただし他HP攻撃の方がガーランドの戦法に合っているため、そちらが選ばれやいのが現実。
    要は単純な性能だけでなく、フリオニールのルーラーのようにキャラ性能の噛み合っているかどうかも大切ということである。
  • 公式から死に技認定されてしまった
    Q2 現状のガーランドの“ほのお”が使いづらすぎると思います。
       あれだけ隙を晒しているのにも関わらず、
       ブレイブがたったの160程度しか奪えないのはどうにかしてほしいです。
    
    鯨岡 現状はあまり使われない技、いわゆる死に技のひとつという認識です。
        こういった技は、随時手を加えていきたいのですが、
        リソース(モーションやエフェクト)に手を入れる必要がある場合、
        人の手数や時間が掛かるので、サクッといじることができないという問題が……。
        でも、そろそろ何とかしたいですね。

Ver1.3212016/11/24
移動操作の廃止や最終段における魔法接触判定の変更(魔法非干渉化)と引き替えに、
攻撃範囲拡大(直径+1m)や吸引性能の付与という強化が施された。
塵地螺鈿飾剣に近い技へ一新されている。
 
Ver1.3222016/12/06
不具合修正で敵を零し難くなった。
 
Ver1.3612017/03/09
ブレイブダメージがフルヒットで160から240にアップした。
同系統の塵地螺鈿飾剣の威力(234)に合わせた形である。
 
Ver1.4202017/09/07
スタン発生時に攻撃判定が残るため、中断処理の対象となった。

光の4戦士 Edit

カオスの技。表記は「ほのお」
全体に火属性ダメージを与え、追加で混乱にする。


見た目は青黒い溶岩の柱が噴き出してる感じ。

FFL Edit

ファイアエレメント?が使う全体攻撃。
全体に200程の炎属性ダメージを与える。

PFF Edit

FF5のレッドドラゴンの技は、現在HPの1/2のダメージを与える。
FF4のレッドドラゴンの場合は、ファイラ並の威力を与える。
エフェクトは、どちらもファイラのようなものになっている。