Top > 防具 > 【アイスシールド】
HTML convert time to 0.036 sec.


防具/【アイスシールド】

Last-modified: 2018-05-26 (土) 11:59:32

氷(冷気)属性の


炎の盾フレイムシールドもそうだが、初期シリーズでは相反する属性に強いという効果だった。
FF5以降は氷属性に強い、または吸収するという効果になっている。


FF1 Edit

のひとつで、炎属性に強くなる。
氷の洞窟で手に入るが、炎属性の敵が多いグルグ火山に突入する前に回収するプレイヤーもいたりする。
防御力は炎の盾同等なため、相手によって使い分けたいところだろう。
入手した当初は戦士しか装備できないが、
忍者にとっては炎の盾と並んで最大の防御力を得られる盾である。

  • 因みに、売値は5000ギル。装備できないキャラだけ、若しくは装備できるキャラ全員がこれを持ってるのなら、魔法や装備を買うための資金にあててもいい。

敵の弱点属性が攻撃属性として扱われるFC版と、麻痺の追加効果が一律で炎属性扱いのPS版では、
炎耐性を持つこの盾でグールなどからの麻痺攻撃を防ぐことができる。
覚えておくと氷の洞窟の攻略が多少は楽になる。
アイスアーマーも同様だが、ホワイトドラゴンと戦う必要があるのでこの時点ではおすすめしない。


他のバージョンでもダークウィザードのファイガに強くなるので多少遠回りしてでも回収する価値はある。

FF1(GBA版以降) Edit

GBA版以降ではウィンターウルフがドロップするようになっている。
普通のプレイではウィンターウルフと初めて会うのは上記の氷の洞窟であり、そこで拾っても意味が無い…が、プラボカ東の岬で一足早くフライング出現するので、実はかなり早い段階での入手が可能となっている。
もちろんこの時期の店売りの盾とは比べ物にならない守備力を誇っているので、装備出来るキャラがパーティにいるのなら入手しておきたい。

  • もっとも、ドロップ率はかなり低い他、集団で高い素早さから吹雪を連発され全滅の危険もあるため、あまり無理をしてまで狙うのはやめておいた方が無難だろう。

FF2 Edit

ミシディアで売っている
序盤で手に入れれば回避率が一気に上がるので、序盤からミシディアへ遠征する際の購入候補の1つに挙げられる。
炎属性に強くなるという特徴がある。


ミシディアに序盤に行かなかった場合の最速での入手場所は大戦艦の宝箱から、となる。
しかし、この時点ではかなりの強敵であるヒルギガースを倒さなければならないので、要注意。
ディストまで行けば、オーガチーフが落とすことがあるので、そこで必要数調達してもいい。

FF2(GBA版以降) Edit

SoRマハノンの町でも売っている。
最初の内は全員分買っておくといい。この後のボスのアルテマウェポンが炎で攻撃してくる。

  • SORにおいては、店売りされてる中でもっとも高性能な盾。
    敵からさらに上位のものをドロップで手に入れるまで、ドロップ運が悪かったり急いでクリアした場合はこれを装備したままクリア、ということもあるだろう。
    • 因みに、これ以上の性能を誇る盾は本編からの持ち込みもできない。まぁ、ラスボスに立ち向かうような頃には、盾無しで回避確率99%にできるだろうが。
      • いや、一応エクストラ神経衰弱の1ミス時に手に入るイージスの盾を持ち込めるけど、そこまで回避率に神経質にならなくてもいいし、そんなことするくらいならノーミス時に手に入るマサムネを持ち込んだ方が寧ろいい訳で。
      • 熟練度が高まれば下位の盾やそればかりか武器でも十分回避率を確保できる。
        そのため、盾を持ち込むのは、戦力さえある程度持っていれば必要ないと思われる。

FF3 Edit

防御力8、魔法防御力8、回避率9%。炎系ダメージを軽減するが、冷気系ダメージが増大する
たまねぎ剣士戦士赤魔道師ナイトシーフ竜騎士バイキング忍者が装備可能。
FF3は二刀流スタイルが基本なので、盾はあまり出番はないが、
こいつの真価は対サラマンダー戦で赤魔に二つ持たせる事で発揮する。


一枚だろうが二枚だろうが、耐性そのものに変化はないので誤解なきよう。
炎耐性が欲しいだけなら一枚持てば十分。それ以前に盾でなくとも、アイスヘルムで間に合っている。
あえて二枚盾を推奨されるのは、この時点で数値的にも最強の盾だからである。


シーフ最強の盾。
これを2枚装備して回避回数を高め、黒装束回避率99%を実現すると、敵の攻撃がほとんど当たらなくなる。


ドワーフの洞窟で1800ギルで販売。


デザインは霜が凍りついたみたいな物に◇状の眼(のような金属パーツ)が2つくっついたような形状をしている。

FF3(DS版以降) Edit

物理防御力6、魔法防御力4。重量1。
FC版のジョブに加えて、すっぴん魔剣士も装備可能。但し、忍者は装備不可能に。
麻痺眠り沈黙耐性まで付いた上に冷気が弱点にならなくなったので、どこでも遠慮なく装備可能。


シーフにとって最強の盾なのは変わらず。

  • 盗む際にはこれを両手に装備しておこう。

デザインは六角形で、雪の結晶体をイメージした意匠が施されている。

FF4 Edit

防御力3、回避率30%、魔法防御力2、魔法回避率2%の
炎攻撃・爬虫類種族からのダメージを軽減し、冷気属性が弱点になる。
セシル(パラディン)・カインシドが装備可能
ルビカンテ戦ではこれを含んでアイスシリーズの装備を万全にしていないと凶悪な炎攻撃で壊滅する。
エブラーナの町で10000ギルで買えるので、万全にしておこう。


冷気弱点・爬虫類種族耐性の特性だが、
冷気弱点はフレイムメイルの装備で補えるし、
爬虫類耐性は爬虫類系の強敵がいないので殆ど役に立たない。

最速入手はバブイルの塔(地底部)のアイズ(警報でナーガを呼ぶ)入りの宝箱から。


防御性能数値自体は大差ないのに、フレイムシールド(1250ギル)とは値段が全然違う。

FF4イージータイプ Edit

「こおりのたて(氷の盾)」の名前で登場。性能は特に変わりはない。

FF4(DS版) Edit

麻痺・混乱を無効化させる効果が追加された。

  • 代わりにDS版の防具全般の共通点だが、種族耐性が消滅している。

バブイルの塔のフレイムドッグが超強化されているので、同ダンジョンの宝箱で絶対に取っておくように。

FF4TA Edit

カイン編のチャレダンボス、カースドラゴンの炎攻撃対策に有用。


唯一の悪魔耐性防具。もっとも悪魔の強敵なんてほとんどいない。
ベルゼブルアスタロートが悪魔だが、前者は魔法一辺倒。
アスタロートの吸収物理攻撃対策として「だけ」使える。

FF5 Edit

防御力+7、回避率40%、魔法防御力+5、魔法回避率+5%。重量5。冷気属性攻撃を吸収する
神竜戦ではほぼ必須といえよう。
エクスデス城ピラミッドで入手できる他、孤島の神殿スローニンから盗める。
次元の狭間最深部に出現するベルフェゴールが落とすのでABP稼ぎをしていると結構溜まる。


アイテム変化では、これから変化させることでほぼ全ての防具が作れる。
ただしそれなりの手間は掛かるが。


スローニンから盗めるのはストーカーブレイズ対策の為だろうか。
実際、自分はスローニンから人数分盗んで、バハムート連発で倒した事がある。
ブレイズは吸収できるがスリップ状態は防げないので注意が必要。


冷気属性攻撃は吸収できるが、追加効果までは防いでくれない。ブレイズ注意。

  • 他作品でもそうだが「吸収」は仕様上「ダメージを受けている」扱いのためか。
    ブレイズのスリップは冷気無効なら防げる。ブレイズ対策なら炎の指輪を。
  • iOS版ではダメージ無効でも追加効果を受けるので、吸収の方が良い。

売値は20000ギル。

FF5(GBA版) Edit

GBA版では、エンディングの習得アビリティ表示場面で打撃モーションを行うジョブの右手に装備していると、バグって素振りになりそのままフリーズする。ネオエクスデス戦時右手に装備しないこと。
薬師バグと違って該当キャラがバッツでも発生する。
竜剣で攻撃するものまね師などジョブ紹介場面で打撃を行わないキャラは右手に装備してもフリーズしない。


SFC版ではロッドの攻撃に置き換わるためフリーズはしない。スマホ版ではこの不具合は修正され左手の武器で攻撃する。

FF6 Edit

防御力+42、回避率+20、魔法防御力+28、魔法回避率+10。前作FF5と同じく冷気属性攻撃を吸収する
この他、炎属性を無効化するが、風属性を弱点に持ってしまう。
なお、凍結攻撃は防げずまともにくらってしまうので注意が必要。
ウーマロ以外全員装備可能。

  • ゾゾ山の宝箱からがもっとも簡単な入手法だが、
    よりにもよって風を司るストームドラゴンがいるこのダンジョンに置いてあるのはどうなのか。
    アサシンダガーといい、一種の罠としか思えない配置である。
  • 入手して装備して空を移動している時に、デスゲイズに遭遇して、エアロガを喰らって即死。
    しかも夢幻闘舞で最もダメージが期待出来るマッシュに……。
  • 夢のダンジョンでも入手可能。

なお、アイテムとして使用すると敵全体に魔法防御無視のブリザガが発動する。

  • これで発動するブリザガはアイテム使用魔法のサガで、リフレクの影響は受けないが、魔封剣の影響は受けてしまう(※MP吸収量0。魔法で使う方はそれぞれ影響を受ける)。

さりげなくブリザラが習得できたりする。倍率は5倍。
とはいえ、これが手に入る頃には主要キャラは既習だと思われるが。

  • 何気に習得スピードは魔石マディン(3倍)より上。というか盾に負けてる魔石、しっかりしろよ。
    • 魔石シヴァはブリザラ取得倍率5倍。アイスシールドと同じだね。
    • パパは他にも覚えられる魔法があるから専門じゃないだけなんだよ、きっと。
    • パ、パパは魔石ボーナスもあるから…

市販のクリスタルメイルコロシアムで賭けて量産できる(対戦相手はインビジブル)。


炎+風属性を持つメルトンを無効化することができる。
どうやら「弱点」よりも「無効化」のほうが優先されるようだ。

  • 単純にダメージ倍率を掛け算している可能性がある。無効化が0倍、弱点が2倍。
    • ミネルバビスチェ(氷無効:×0)とアイスシールド(氷吸収×-1)では吸収が優先される。
      吸収>無効>弱点>無干渉 の優先順なんだと思う。
      • あと半減を忘れていないか?最終的な優先順は、吸収>無効>半減>弱点>無干渉かな?

フレイムシールド雷神の盾と並んで「三属性盾」の1つだが、はっきり言って有用性は最低だろう。
まず、風属性弱点が痛い。かまいたちエアロガなど風属性技を使ってくる敵は意外と多いし。
あと凍結攻撃を防げないことにも失望。フリジングダストノーザンクロスは冷気属性を持っているのに…。

  • フレイムシールドと違って、風属性弱点は相殺しにくいのも痛いか。
    (あちらの水属性弱点はカッパ装備(皿・アーマーガッパ)で吸収を上書きできる)
  • 魔法コンプを目指す上でなら、フレイムよりは役立つ。ファイラはドレインのついでにイフリートで覚える事になるから。
  • フレイムシールドより早く、容易に手に入るのがこの盾の利点。
    ファルコン入手直後の段階で火属性無効と魔法回避補正があるのは中々心強い。
    ファイラを使ってくる雑魚敵は割と多いし、レッドドラゴン等、
    この盾があるとそれなりに安定するボス戦もある。
    フレイムシールドは入手までに結構な戦力や手間が必要なので、こっちの出番も少なくはない。
  • 同じタイミングでイージスの盾が入ってしまうのが甘くみられる最大の理由だろうか。
    • 低レベル攻略など、詰め将棋的な戦略が要求されるケースでは「総合力」よりも「確実な耐性」が欲しいので
      炎氷の2大属性を無効化できる要素を買われイージスや雷神より優先される場合が多い。

売値は1ギル。
モンスターからはインフェルノからレア枠で盗める。ケトゥラフのフレイムシールドと一緒に盗んでおくといい。
加えて、トライアライドゴーキマイララグナロックで変化させても入手可能だが、入手確率が低いのでお勧め出来ない。

FF6(GBA版) Edit

基本的な入手方法はオリジナル版と変わりないが、魂の祠で何度でもインフェルノと戦えるようになった為、
コロシアム等を活用せずとも少しずつだが量産可能に。
尤も、稀にネスラグが代わりに現れるので手に入らない場合もあるが。

FF10 Edit

氷吸収」のアビリティがついたティーダ

FF11 Edit

攻撃を受けると時々氷属性の反撃ダメージ+麻痺の特殊効果を持つ。また、氷属性と雷属性に強くなる。
性能的にはそこそこ優秀だが、ダイアシールドに岩塩と蒸留水をまぶして冷却すると出来上がりという、
学校の理科の実験みたいな製法で完成するという代物。
実装当時は歴代FFでもそれなりに重宝された盾が、
こんな安直な製造法で出来上がることに不満を漏らすシリーズファンもいた。
類似した製法の装備としてアイスランスがある。


詳細はこちら→アイスシールド

FF12 Edit

物理回避+16の。『盾装備3』のライセンスが必要。
回避率はゴールドシールドと同じだが、氷属性を半減する。
店売りの他、交易品「みがかれた防具」(土の魔石×4、竜の殻×2、良質の皮×2)でもブルゴネットシールドアーマーとセットで手に入る。
マティウス戦では凍天撃ブリザジャ対策でとても役立つ。
他にはキングベヒーモスヤズマットなど最強クラスのモブが使う強力な氷属性ブレス攻撃「ホワイトブレス」対策で重宝する。


ヘネレッドマウスが超低確率で落とし、ミリアム遺跡のレッドマウスが低確率で落とす。
超低確率・低確率とあるが、なにぶん大量に出てきてチェインも繋ぎやすいため、ちょっと迷ったり探索をこまめにしたりするだけで気がつけば拾ってた、それも1枚や2枚ではない、という事がよくある。
この時点では最先端の装備であり、しかも耐性つきの盾は貴重なので最後まで使えるという非常にありがたい盾なのに、ありがたみのない入手ルートである。下手すると売られる。
対とも言えるフレイムシールドが基本的に買わないと手に入らないであろう事とは対照的。

FF15 Edit

ノクトグラディオラスが使用するの一つ。
冷気耐性を持ち、使用時はさらに耐性が上がる。
冷気属性攻撃を受けるとHP回復速度が上昇する。

FFT Edit

冷属性吸収、炎属性半減の効果を持つ
ただし雷属性が弱点になるので、ラバーシューズを履くなどしてフォローしたい。

  • 敵はこちらに効かない攻撃はしてこなくなるので、これを装備するだけでブルードラゴン突進するだけの木偶の坊と化す。
    吸収効果は味方の攻撃魔法で活用するといいだろう。

FFTA Edit

冷気吸収、炎半減になる。非売品。
うっすらと冷気が漂う盾らしい。

  • 非売品なのだが序盤のランダム報酬のため、知らない間にたくさん持っていることがある。

雷属性が弱点になるというデメリットがある。

FFTA2 Edit

冷気属性、冷気吸収の。炎は半減しない。
ほりだしもの「凍っている装備B」(氷の石ゾディアック鉱石吸血の牙)で手に入る。
盾の性能はどれも似たり寄ったりなので、吸収用として使われる。

FFCC Edit

クラヴァット専用の。氷耐性を持つ。
レシピ「れいきのたて」と、てつ?×2、ひんやりゼリー×1で合成できる。

聖剣伝説 Edit

敵の炎攻撃を防ぐがブリザドは防げない、ファイアシールドと対になっている
炎は黄金の盾でも防げるが、こちらのほうが他に防げる攻撃が多いので安定する。

DFF Edit

バッツDestiny OdysseyでDPを6残してクリアする事で手に入る
その後はショップでアイアンシールド反射の破片変化の粉×8に6050ギルでトレードできる。
装備レベル22以上。激突HPダメージカット+20%の効果を持つ。

DDFF Edit

装備Lv1以上の。DEF+21、激突HPダメージカット+5%の効果がある。
モーグリショップで200KPで買える。

DFFAC Edit

WoLスキンセットに設定できるウェポンの一つ。アイスブランドとのセット。
C.Lv17でショップに入荷。価格は7,200ギル。

光の4戦士 Edit

水属性に強くなる。防御+1、魔法防御+1。回避・魔法回避+5%
水属性=ウォータ系とブリザド系のため、他属性より使う機会が多い感じ。
リベルテ・インビディア、闇の氾濫前のウルペスで売ってある。
氷の結晶のような形をしている。

FFRK Edit

「アイスシールド【IV】」。FF4共鳴のレア3の
炎属性軽減(中)と氷属性弱点の効果を持つ。
レア3。ステータスは下記。()は共鳴時。

Lv防御力魔防回避
116(35)10(22)102
1027(64)17(39)
1533(82)21(50)
2039(100)24(61)
2546(118)28(72)

FFEX Edit

軽盾の1つ。