Top > セリフ > 【ブッ潰す】
HTML convert time to 0.002 sec.


セリフ/【ブッ潰す】 の変更点


 #contents
 
 *&color(Blue){FF13}; [#FF13]
 第4章での[[ライトニング>キャラクター/【ライトニング】/FF13#FF13]]のセリフ。
 [[ルシ>設定/【ルシ】#FF13]]となった身で逃避行を続ける、ライトニングら一行。[[ヴァイルピークス>地名・地形/【遺棄領域ヴァイルピークス】]]の道半ばでの休憩中に、[[サッズ>キャラクター/【サッズ・カッツロイ】#FF13]]が自分たちには行く当てもない、とこぼす。しかし、ライトニングは頭上を見上げ、当てはあると言う。
 >サッズ:「[[エデン>地名・地形/【聖府首都エデン】#FF13]]だと? 聖府の中枢じゃねえか」
 「勇ましいねえ 殴りこみでもかけようってか」
 「……正気か?」
 ライトニング:「逃げ続けても狩られるか[[シ骸>設定/【シ骸】#FF13]]だ ルシの逃げ場はどこにもない
 ならコクーンの敵らしく聖府に喰いついてやるよ」
 
 ライトニングは、自分たちや[[セラ>キャラクター/【セラ・ファロン】#FF13]]をルシにした下界の[[ファルシ>設定/【ファルシ】#FF13]]にも、自分たちを追いまわす敵達の背後にいる、コクーンのファルシにも同様の憤りを覚えていた。
 >ライトニング:「『下界のファルシ』だろうが『聖府のファルシ』だろうがファルシどもにとって 人間は道具だ」
 「私は道具で終わる気はない」
 サッズ:「じゃあ どうすんだ」
 ライトニング:「''ブッ潰す''」
 
 仲間たちはその計画の非現実性を説き、仮に成功したとして、当然コクーンがパニックに陥ることを予見するのだが、ライトニングは耳を貸さない。そして、彼女は打倒聖府を胸に秘め、行動を開始する。
  
 のち、第5章にてライトニングはこうした考えが、絶望からくる暴走であったことに気づくのだが……
 -このセリフをかっこいいと思った人は、自暴自棄になった人を応援しているという事になるw
 -もしくは自分自身が自暴自棄か…でもかっこいいものはかっこいい。
 -PVでこのセリフを言うのだが、閃光のサビに入る瞬間でメチャクチャかっこよかったのを覚えている。
 
 **&color(Blue){LRFF13}; [#LRFF13]
 [[女神の神殿>地名・地形/【女神の神殿】]]での[[カイアス>キャラクター/【カイアス・バラッド】#LRFF13]]戦後、[[ルミナ>キャラクター/【ルミナ】]]との会話で登場。
 :ライトニング|ブーニベルゼは約束したんだ
 解放者の使命を果たせば セラを甦らせるとな
 その約束を違えるなら 神といえども――
 ''ブッ潰す''
 
 :ライトニング&ルミナ|''ブッ潰す''
 
 後々本当に[[神>モンスター/【ブーニベルゼ】#LRFF13]]をブッ潰してしまう。
 有言実行ここに極まれり。
 -[[???>スタッフ/【坂本真綾】]]「生きているのなら、神様だって殺してみせる」
 ----
 [[セラ>キャラクター/【セラ・ファロン】#LRFF13]]の魂は[[ライトニング>キャラクター/【ライトニング】/FF13#LRFF13]]の心に宿っていたが、[[解放者>設定/【解放者】]]となる際に[[至高神ブーニベルゼ>設定/【ブーニベルゼ】]]によって切り離され、その事も忘れてしまっていた。
 ブーニベルゼは解放者の使命と引き換えにセラ復活を約束していたが、ライトニングは上記の件をルミナに伝えられ、事実上セラの魂は人質だと考える。
 しかしルミナは更に、神は[[人の心が見えない>セリフ/【神に人の心は視えぬ】]]ためセラの心は切り捨てられて消えたのかもと述べる。
 それに対するライトニングの見解が上記のセリフ。
 対してルミナは皮肉交じりに返している。
 対してルミナは考えはお見通しとばかりにセリフを被せ、さらに皮肉交じりにこう返している。
 :ルミナ|あらまあ「らしく」なってきた!神様に勝てると思ってるの?
 
 
 *&color(Blue){DDFF}; [#DDFF]
 [[シャントット>キャラクター/【シャントット】#DDFF]]先生がご教授してくれる
 -シャントット「ぶっ潰す の意味を教えてさしあげますわ」
 
 *&color(Blue){DFFAC}; [#DFFAC]
 [[ライトニング>キャラクター/【ライトニング】/その他#DFFAC]]の[[シンボルチャット>システム/【シンボルチャット】]]で登場。
 試合中に対戦相手をタッチすると「ヤツをブッ潰す!」とチャット出来る。